愛知県春日井市にある神領ビーイング動物病院は犬、猫、エキゾチックアニマルに対応している動物病院です。

  • ブログ2010/06/15 カメレオンのフィラリア
  • ●主にパンサーカメレオンなど野生で採取されたカメレオンで認められることがあります。

     初期の症状は特にない場合もあり、フィラリアが成虫になって皮下組織などに移動してくると、

     体幹皮膚に波うつようなスジ(隆起部)がみられるのが特徴です。

    パンサー(フィラリア2).jpg 

    写真はFoleyella furcataを外科的に摘出しているところ

     

     

    <感染経路・治療>

    感染には蚊やダニなどの吸血昆虫の存在が必要になり、

    フィラリアに感染しているカメレオンの血を吸った虫を介して

    感染が成立します。

    フィラリアは線虫ですが、回虫などと違い消化管に寄生することはなく、

    成虫はカメレオンの体腔内や皮下に寄生し、

    フィラリアの仔虫は血液中に存在します。

    フィラリアの発育ステージ全期を通じて宿主側の様々な部位に移動するため

    組織の炎症や血管の塞栓を起こす可能性があります。

    感染しているすべてのフィラリアを一度に駆除することは困難ですが、

    外科的な摘出や感染状況によりフィラリアの仔虫を殺滅する薬を使用する場合もあります。

    外から見て皮膚の一部が不規則な形で隆起しているようであれば気をつけましょう。

      

     

    パンサーフィラリア3.jpg 

              摘出されたカメレオンのフィラリア虫体(Foleyella furcata)→

     

     

     

     

     

     

     

     

  • ブログ2009/09/11 爬虫類の皮下膿瘍
  • ●爬虫類の膿瘍はよく認められ、カメ・トカゲ・ヘビとどの種類でも認められます。

     皮下に膿瘍ができた場合は皮膚が硬く盛り上がり、

     一般的に正常な皮膚との境界線は内部ではっきりしています。

     腫瘍や真菌症、外部寄生虫疾患などとの鑑別も重要になります。   

     

    ooyoroitokage.jpg<原因>

    ●通常、咬傷など外傷の結果、細菌感染を起こし

     膿瘍が生じます。

     また複数のグラム陰性菌による感染が多く、

     中でも AeromonasPseudomonas が代表的な菌です。 

     

    <治療>

    ●全身麻酔や局所麻酔下での外科的切除。

     通常、爬虫類の膿瘍は固く、線維化した被膜で覆われています。

    ●全身性もしくは局所的な抗生物質の投与。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    1